HOME » グラノーラ生活のすすめ » グラ美おすすめのアレンジレシピ

グラ美おすすめのアレンジレシピ

子どものおやつにピッタリ!人気のグラノーラでできるアレンジレシピを紹介しています。

おやつも食事もおいしく食べよう!グラノーラの人気アレンジレシピ

グラノーラの人気アレンジレシピ

パンケーキに入れる

パンケーキを焼く時に、200gの粉に対して大さじ2~3杯のグラノーラを入れます。

牛乳もいつもよりもちょっとだけ多めにして、最低でも10分生地をなじませてから焼きましょう。水分を含んだオーツ麦のモチモチとした食感と、フルーツ、ナッツのザクザクとした食感、甘みなどが感じられる、ワンランク上のパンケーキができ上がります。

パンやマフィンに入れる

ホームベーカリーでパンを焼くなら、粉と同じタイミングで、マフィンの場合は生地ができ上がったタイミングで入れます。

だいたい、粉10に対して1のグラノーラくらいの割合がおいしくでき上がるようです。フルーツ系のグラノーラはもちろん、ナッツ系やチョコレート系のグラノーラでもおすすめ。もっちり、味の変化が楽しめる仕上がりになります。

チョコレートをつくる

クーベルチュールチョコレートを湯せんでとかし、70℃くらいの温度になったら、グラノーラを入れてよくまぜ、スプーンでバットなどの上に落として冷やしかためます。バレンタインの手づくりチョコにもオススメです。

サラダのトッピングにする

甘さ控えめのグラノーラなら、サラダのトッピングにするのもオススメ。

特に、いちじくやグレープフルーツなどのフレッシュフルーツを加えたサラダや、ナッツを加えたサラダに相性◎。甘過ぎると味が台無しになるので、必ず甘みをチェックしてから使いましょう。